ラクトバチル スプランタルム菌の効果

ラクトバチル スプランタルムはどういう作用があるのでしょうか

身近なところでわかりやすい例として、漬物などの発酵食品に分布しているラクトバチルス プランタルムはその名前の通り、植物由来の発酵物から主に分離されます。耐塩性を持つことから、日本の漬物や韓国のキムチ、ドイツのザワークラウトなどの塩分濃度が高い漬物類の発酵に役立っていて、生成する乳酸によって糠床の腐敗も抑えます。
15℃〜45℃で生育します。

 

このプランタルム菌は食品にたくさん利用されており、基本的には発酵食品としてその価値が見出されています。
身近なところではソーセージやハムなどの長時間熟成を行ったものや日本古来からの食べ物である寿司の一種にもこの菌が利用され発酵に関与していることがわかっています。

 

乳酸菌の殺菌との関係

 

この菌は胃袋で大部分が死なずに腸にまで到着する力を持っています。さらに、免疫力の向上免疫細胞のバランス改善によるアレルギー症状の緩和や予防、軽減作用があると言われています。    

 

バルチスコアギュランス(マルチコアギュランス)菌と同様にラクトバチルスプランタルムも長まで達することができる乳酸菌で体全体の免疫低下防止に役立っているのです。

 

腸に届いて善玉菌を増やして活性化させてくれることで、より健康的な生活のケアが行えると報告されていますが、
実はノーベル生理医学賞を受賞されたロシアのメチンコフ博士によって証明されたのです。

 

 

ラクトバチルス・プランタラムを含む食べ物として、漬け物に含まれており、日本の糠漬け、韓国のキムチ、ドイツのサワークラウト、ヨーロッパのサワーブレッドなどの発酵した人気の食品には必ずといってもいいほど欠かせない存在になっているのです。

 

本来ならば漬物を中心とした食物に含まれるこの菌ですが、常に摂取することも難しく、また、好き嫌いがどうしてもあるため、近年サプリメントとして開発、成分に含まれることが多くなりました。
しかしながら、日本古来の食物、納豆や味噌などに多く含まれていることで、体調管理が簡単にできるというメリットもあるのです。まずは食生活を改めてこのラクトバチルスプランタルム菌がより大きな働きをしてくれるようにしてみてはいかがでしょうか。

 

アミノ酸がほかの乳酸菌にくらべてなんと130倍配合! スマートガネデン乳酸菌

 

関連ページ

バルチスコアギュランス(マルチコアギュランス)の効果
スマートガネデン乳酸菌には23種類の乳酸菌が含まれています。その一つバルチスコアギュランス(マルチコアギュランス)の効能について調べていきたいと思います。