乳酸菌と便秘の関係

乳酸菌と便秘

 

 乳酸菌を摂取することで便秘が改善されたという話はよく聞くのではないかと思います。

 

便秘解消の目的で乳酸菌のサプリが手軽に飲めるので良いと聞きました。

 

便秘だとお肌の肌荒れも酷くなりますし、お腹も張って苦しいです。

 

胃腸の調子を良くするためにも乳酸菌を補助的に飲みながら改善していくことをお薦めします。

 

便秘がひど胃からと言って、ヨーグルトとか野菜とかを多めに摂るようにしても、なかなか出るものではないのです。
要は腸の働きを活発にしてあげなければいけないのです。
そんなときに友達に乳酸菌のサプリがよいと聞いていろいろ飲んでみました。

 

乳酸菌革命とか、善玉菌のチカラが便通も改善して、ダイエット効果もあると思いました。
もちろん胃腸の状態は個人差があるので、必ず効果があるとはいえませんが、悪くないと感じています。

 

 そこで出会ったのが「スマートガネデン乳酸菌」でした。

 

乳酸菌は、便秘に悩んでいる、腸内環境を整えたい、美肌を目指している人が好んで飲まれているそうですが、まさにそれにピッタリでした。

 

便秘だと、苦しいし、おならも臭いし、吹き出物も起こりやすいです。
そういった症状にもスマートガネデン乳酸菌は注目されています。

 

 

生きた乳酸菌は腸にいいの?緑黄色野菜は腸にいいの?

 

近頃多く出回っている、生きたまま腸に届く腸内細菌「プロバイオティクス」を含むヨーグルトや乳酸菌飲料。確かに、生きたまま届くというのはいいイメージがあるが
「死んだ菌でも腸での刺激になりますし、死んだ菌が生きた菌より劣るというデータもありませんよ」と言うのは、ハーバード大学医学部内科客員教授の根来秀行教授。
「それに、いくら優秀な善玉菌だとしても、ひとつの種類だけを摂り続けると、その菌が過剰になって腸内フローラのバランスを崩すこともあります」

 

ヨーグルトにしてもチーズにしても、ひとつに決めないで、いろいろな種類を食べて、いろいろな菌を取り入れるようしたほうが良いでしょう
スマートガネデン乳酸菌は23種類もの乳酸菌、約510億個の乳酸菌を一回に摂取できます。
この成分は、日本人に馴染み深い、納豆、漬け物、味噌、しょうゆなどの乳酸菌がたっぷり入った食事をとることでより体が活発になります。

 

腸によい食べものということでいえば、食物繊維もはずせない。そこで、「毎日緑黄色野菜を300g食べていれば便秘しない」という風に思われるかもしれません。
確かに、緑黄色野菜には善玉菌の栄養源となる食物繊維が豊富に含まれており、便秘の解消に役立ちます。ただ、緑黄色野菜だけをたくさん摂っても、便秘を予防できるとはいえないのです。食物繊維には水に溶ける水溶性と水に溶けにくい不溶性の2種類があり、この2つをバランスよく摂ることが肝心です。

 

水溶性食物繊維は粘着性があり、便をやわらかくしてお通じをスムーズにするほか、食後の血糖値の急上昇を抑えたり、コレステロールを体外に排泄する働きもある。一方、不溶性食物繊維は水分を吸収してふくらみ、腸壁を刺激してお通じを促す働きがあります。

 

注意すべき点は、緑黄色野菜には不溶性食物繊維が多いのですが、不溶性ばかりを摂りすぎると便が固くなり、かえって便秘が悪化することがあります。

 

 そういった体の働きを助けられるのは、やはりサプリメント。
 その中でもおすすめなのが「スマートガネデン乳酸菌」です。
 アミノ酸がほかの乳酸菌にくらべてなんと130倍配合! スマートガネデン乳酸菌

 


 やはり、腸の働きが非常によくなり体全体の調子も変わりました。
 アミノ酸を増加させる乳酸菌ということで注目されているようです。

関連ページ

乳酸菌の殺菌との関係
乳酸菌の効果を最大限に引き出す革命的なスマートガネデン。体質改善でスマートな体作りに。スマートガネデン乳酸菌は体の代謝を良くすることで太りやすい体質づくりが可能です。
乳酸菌と花粉症の効果
乳酸菌は花粉症に効くのでしょうか。その効果を最大限に引き出す革命的なスマートガネデン。体質改善でスマートな体作りに。スマートガネデン乳酸菌は体の代謝を良くすることで太りやすい体質づくりが可能です。
米のとぎ汁乳酸菌ははたして危険なの?
米のとぎ汁を発酵させると出てくる乳酸菌に着目です。賛否両論いろんな意見がありますが、そんなに危険なのでしょうか?
乳酸菌と日本食の関係
乳酸菌の効果を最大限に引き出す革命的なスマートガネデン。体質改善でスマートな体作りに。スマートガネデン乳酸菌は体の代謝を良くすることで太りやすい体質づくりが可能です。