乳酸菌の殺菌

乳酸菌の殺菌について

乳酸菌の効果によりさまざまな体質改善がうたわれている最近ですが、それを阻害する食べ合わせについてのご紹介です。

 

 乳酸菌で代表的なのはヤクルト。そこに含まれる乳酸菌は強乳酸菌に分類される種類だと言われているので、シナモンジューズ程度の殺菌力では死なないようです。

 

 しかし、シナモンの殺菌作用が死なないとは言え 乳酸菌を攻撃するのは間違いないので、要するに
「乳酸菌以外の他の菌」を攻撃しなくなる、という ことから、折角の殺菌作用があまり意味を成さなくなる可能性があります。

 

生きたまま体に取り入れることで健康に良い影響を与えるイメージの強い乳酸菌ですが、実は殺菌されていても効果は同じという事実がわかっています。これは、北海道で販売されている「乳酸菌入り雪ミク飲料」に「殺菌」の表示があることに疑問の意見がネットを通じて広く拡散され認識されています。

 

そのほか乳酸菌の殺菌について調べていくとおなじみの飲料「カルピス」にたどり着きました。

 

 この“殺菌された乳酸菌の効果”については、カルピス公式サイトのQ&Aに書かれています。このQ&Aによると、

 

「カルピス」は、できたてのおいしさを保つために、最後に加熱処理をし、密封しています。

 

このとき、乳酸菌自体は死んでしまいますが、乳酸菌がつくりだした乳酸の作用により、おなかの環境を整えたり、発酵によってつくられたカラダによい成分や牛乳の成分が、より消化吸収しやすいカタチになっているという特性には、変わりがないとのこと。

 

そしてそれは生きて腸に届く必要がなかったのです。

 

 また、現在販売されている乳酸菌入りの食品や飲料も、その多くが殺菌済みのもようです。

 

 当初「生きて腸に届く」は、商品を売るためのキャッチコピーだったわけで、殺菌されているのはあくまでカルピスに含まれる乳酸菌の場合で、ヤクルトの「プロバイオティクス」商品など、生きて腸まで届くことでより効果のある商品もあるということです。

 

 今回、ガネデン乳酸菌を知り、乳酸菌の知識を高めるためにいろいろと調べてみましたが、この菌は奥が深いようです。
 菌の働きを利用してダイエットをするという試みは非常に興味深いのですが、スマートガネデン乳酸菌

 

について改めてその可能性を感じたところです。

関連ページ

乳酸菌と花粉症の効果
乳酸菌は花粉症に効くのでしょうか。その効果を最大限に引き出す革命的なスマートガネデン。体質改善でスマートな体作りに。スマートガネデン乳酸菌は体の代謝を良くすることで太りやすい体質づくりが可能です。
乳酸菌と便秘の関係
便秘の解消には乳酸菌が一番。自然と摂取できるのが強みの乳酸菌ですが、その効果を知ればきっと一度は試したくなることでしょう。
米のとぎ汁乳酸菌ははたして危険なの?
米のとぎ汁を発酵させると出てくる乳酸菌に着目です。賛否両論いろんな意見がありますが、そんなに危険なのでしょうか?
乳酸菌と日本食の関係
乳酸菌の効果を最大限に引き出す革命的なスマートガネデン。体質改善でスマートな体作りに。スマートガネデン乳酸菌は体の代謝を良くすることで太りやすい体質づくりが可能です。